たくき よしみつ の デジタルストレスキング デジタルストレス王

2005年5月6日執筆  2005年5月10日掲載

あの手この手のメール詐欺

連休中はAICが1回休みだったため、お休みモードを堪能できた。でも、もう次の締切が……。
ゆったりしたいと思っているのに、このところspamの数がまた急増していて、淡々と機械的に削除するだけでもやはりイライラする。
移動中のときなどは、携帯電話端末を使ってノートパソコンで仕事のメールを受信するのだが、回線速度が遅いとき、100通近いspamが届いているのを見ると、さすがに腹が立つ。

spamについては過去何度か書いてきたけれど、最近目立つのは日本語の詐欺メール。
手口もどんどん凝ってきているので、今回はそれをネタに書いてみる。
以下はすべてこの連休中に僕のところに届いた詐欺メール実例だ。

まずはシンプルなやつから。



●Subject: まってま~す

こんにちは。初めまして、『あいか』って言います。突然メールすいません。
私、出会い系初めてまだ日が浅いんですけどなんとか書き込めました。
今音楽関係の仕事をしてます♪ 歳は24歳で独身です。
普段は出会いが全く無いので、今日は初めて自分からのメールに挑戦してみました。
これから仲良くなりたいと思ってます? もしよかったら少し期待しながらお返事待ってます(笑)




こういうシンプルなのにも騙される人は結構いるのかなあ……。

もうひとつ、さらにストレートな欲望訴求型を紹介。




●Subject: 二人でも大丈夫ですか?
From: 宮村

こんにちは。のり子といいます。
セックスフレンドを募集されていましたが、こっち、二人でも大丈夫でしょうか?
私とお姉ちゃん、23歳と28歳の姉妹二人なんですけど。3Pオッケーな人ですか?
(中略)
そこで、ネットで近いところに住んでる男性を探してこの人よさそう!って思ったのでメールしてみました。
(中略)
3Pが大丈夫な人でしたら、御返事ください。
それから、父の遺産があるので金銭的な援助も大丈夫ですよ。
二人相手にするのは疲れると思うので、お礼はきちんとします。
連絡待ってますね。
あ、写真とか送ったほうがいいでしょうか?




途中はあまりにお下品なので割愛したが、これでも十分にAICの品位を下げてしまう恐れ十分の、欲情訴求型。
それにしても、性欲訴求だけにしておけばまだしも、父の遺産があるから云々という金銭欲にまで内容を広げたところが墓穴。こんな不自然で馬鹿馬鹿しい話にのるやつは、痛い授業料を払う羽目になっても仕方ない。
この文面のメールはここ数日だけで毎日のようにくる。
このへんは、いずれも詐欺メールとしては初級編。簡単に見破れる。

次は、心理作戦型とでもいうか、間違いメールなどを装うという最近主流の詐欺メールの例。




●Subject: メールくれましたよね?
From: xx奈菜穂

あの、ここ最近アドレス帳に登録していないアドレスでメールが届くのですが、私のアドレスをご存知で送信されましたか?不思議に思いこのように返信してみたのですが…。




多分これは携帯用メールアドレスを意識して送信している詐欺メール。女性名で、用件は何も書いていない。これをまともに受けて返事を書くと、どんどん話を進めて、最後は有料サイトに誘い込んだり、何かを買わせたりするという手口。
通常のspamと違って、いちいち相手に合わせて応答メールを書いているので、人件費がかかる。もちろん、応答テンプレートがいくつも用意されていて、相手の名前などを入れ替えるだけで同じ文面の返信をしているはず。
間違っても「そんなメールは出していません」などと返事をしないように。

同じパターンでもう一例。




●Subject: 電話しました?
From: xxx@xxx.co.jp
To: xxx@xxx.co.jp

お久しぶりです。アドレス変わりました。さっき貴方の家の近くに





「……さっき貴方の家の近くに」で尻切れトンボになっているところがミソ。以前に別れた恋人からのメールかと思って返信してくると思っているのだろう。
しかし、自分の元恋人と勘違いして返信してきた男に対して、次はどのように話を展開させるのだろう。ちょっと興味がある。
お粗末なのは、From(差出人)とTo(宛先)が同じアドレスだということ。同報メールであることがバレバレ。

次は、とにかくタイトルで引きつける強行突破型。




●Subject: 大至急お願いします

貴方の地域で今現在逆援助希望の女性が12名います。
無料ですので幾らでもご利用下さい。
http://xxxxxxxx

メールの受信を拒否する場合は下記URLに返信下さい
xxx@xxx.xx






これはタイトルに「大至急」などと入れることで、機械的削除から逃れようとする苦肉の策。
メールの最後にある「受信拒否する場合は……」というのも、もちろん応じてはダメ。有効なメールアドレスであることを証明するだけ。「返信確認済み有効メールアドレス集」なんてプレミア付きでspam業者にさらに出回ることになり、かえってspamが増える。
メールアドレスのドメインが.kzだったので、どこのだろうと思って調べたらカザフスタン。他の小国ドメインに比べるとかなり割高みたいだ。
それにしても、「下記URL」ではなく「下記メールアドレス」の間違いだよな。

タイトル重視+欲望訴求直球投げ込みのハイブリッド型をもう一例。




●Subject: お久しぶりです。

 突然のメール申し訳ありません。私、大人の女性のための交際グループを主宰しています××香穂(32歳)と申します。
 私どものグループでは現在、女性の会員数に男性の会員数が追いつかない状況となっております。そこで、このような形で過去に登録いただいたお客様にメールをさせていただくこととなりました。もし、怪しいと思ったり、まったく興味がない方はこのメールを破棄してくださいますようよろしくお願いいたします。

ただ、

このメールを最後まで読んだ事により、ワンランク上の生活をおくられている方も数多くいらっしゃる事実が存在します。3分ほどで最後まで読む事ができますのでどうぞお読みくださいませ。

 女性会員様の中には生活的にも金銭的にも余裕があるのに、今の生活には『ものたりなさ』を感じている会員様が多く、このグループで男性の方と知り合い『今よりもっと充実した生活をしたい』と思っている会員様がほとんどです。そのような女性会員様は、今の自分を満たしてくれるお礼としての謝礼などを考えてる女性も多数在籍しております。
(以下略 申込用アンケートなどが続く)





タイトルは知人からのメールを装い、その後は開き直って単刀直入に誘い込む。
後半は申込用紙のようになっており、何度もメールを送る手間を省きたいという気持ちが読み取れる。手間をかけずとも、ひっかかるやつはひっかかるということなのだろう。

日本の詐欺メールはこの程度だが、海外からのものには相当凝ったものがある。「おいしいお話型」とでも呼べるものが多い。




●Subject: 緊急のお願い

こんにちは。
私の名前は Mrs.xxxx 。59歳ですが、癌と診断され、余命幾ばくもない身です。
私には、すでに他界した夫が残した遺産がありますが、これをあなた、つまり教会に寄附しようと決意しました。欲深い親族に残すよりも、神のご意志に従うあなたに寄附したいのです。
150万ドルをあなたに寄附いたします。孤児、弱者、未亡人の援護・救済など、神のご意志にかなう仕事にお役立てください。
現在、私は電話に出られません。遺産目当ての親族がつきまとっておりうるさいのと、医師にも電話に出ることを止められているからです。
すでに遺言状は用意してあり、あとは弁護士を通じて受け取り人名義をあなたにするだけです。
一面識もないあなた様にこのような申し出をすることは非常識と思われるでしょうが、これも神のご意志なのです。私は神のご意志に従って、あなたに150万ドルを託します。
この申し出を受けていただける場合は、このメールアドレス宛に返信をお願いします。

最後に、このことは完全に秘密にしてくださいますようくれぐれもお願いいたします。私が神様のご意志に従うという人生最後の望みを、邪心ある親族たちに邪魔されたくないのです。くれぐれも誰にもこのことは話さないでください。
(以上、大意。実際にはもっと切々と書いてある)




どういうわけか、自分を教会関係者と勘違いした、どこかの金持ちの未亡人がおいしいメールをよこした……とでも思い込む人間がどれだけいるのだろうか。よし、うまいこと騙して大金をせしめてやれ、と思って返信するとえらいことになるのだろう。
欲を出さず、「あなたはどうやら人違いをされているようです。私は教会の人間ではありません」などと返信した場合でも、そこでメールアドレスが記録され、さらには「あなたのような正直な方を探していたのです。これもやはり神様の思し召し……」などと返信してくるのだろうか。

似たようなものに、自分は○○国(ギニアとかザンビアとか、名前は知っていても、どこのどんな国だかはよく知らないような小国がほとんど)の旧国王の親族で、予想外の遺産を相続したが、これを資金として起業したいのでパートナーを求むだの、いろいろなパターンがある。
この手のものに応じるとその後どういう展開になるのか、報告例があればちょっと興味はある。おそらく、指定された弁護士というのが現れ、手数料として○○ドルをこの口座に振り込め、というような振り込め詐欺に変化するのだろうが、基本的には「どーでもいーですよ」である。
要するに、詐欺メール文例集もこの程度が限界で、これ以上は同工異曲で飽きるのだ。
もっと面白い詐欺メールを作れるような才能があるなら、別の仕事?をしたほうがいいものね。


●ヤマブキ(2005年5月5日撮影)
(c) Takuki Y. http://takuki.com

  目次へデジタルストレス王・目次へ     次のコラムへ次のコラムへ

★タヌパック音楽館は、こちら
タヌパックブックス
★狛犬ネットは、こちら
★本の紹介は、こちら
     目次へ戻る(takuki.com のHOMEへ)


これを読まずに死ねるか? 小説、電脳、その他もろもろ。鐸木能光の本の紹介・ご購入はこちら    タヌパックのCD購入はこちら