More ソフ得! =ソフトの宝島=

 第68回 Cute PDG Writer



PDFファイルの利点

画像や表組を入れたり、凝ったレイアウトをほどこした文書を印刷するためには、ワードやDTPソフトなどのレイアウトソフトが必要です。
しかし、それらで作ったファイルを誰かに渡して再現してもらうには、相手も同じソフトを持っていなければなりません。
ワード文書をあたりまえのようにメールに添付して送りつけてくる人が多いのですが、誰でもワードという高価なソフトを持っていると思うのは間違いです。
また、ワードにもバージョンがあり、最新版のワードで作成したファイルは古いワードでは正確にレイアウトが再現できないこともあります。狂ったレイアウトのものを正しいと思いこんで大量に印刷したりした場合、損害も甚大なものになります。
PDFファイルは、AdobeのAcrobatというソフトで作るもので、このファイルはAdobe Reader(旧Acrobat Reader)という無料配布ソフトでいつでも閲覧・印刷が可能です。
Acrobatはレイアウトソフトではありません。レイアウトソフトで作成したファイルを、Adobe ReaderやAcrobatで読めるようにPDFという形式のファイルに「変換する」ソフトです。
一種の印刷ドライバのようなもので、Acrobatをインストールすると「プリンタ」として認識されます。
ワードや一太郎など、レイアウトソフトの「印刷」コマンドから、Acrobatを「プリンタ」として選び、「印刷」することにより、PDFファイルができあがります(プリンタから印刷された紙が出てくるわけではなく、「○○.PDF」というファイルが作成されます)。印刷する場合は、できあがったそのPDFファイルをプリンタで印刷するわけです。
なぜ直接ワードなどから印刷せず、そんな面倒なことをするかと言えば、誰もが同じレイアウト、印刷内容で印刷ができる汎用性の高いファイルにするためです。ワードファイルを相手に渡しても、自分と同じように印刷できるとは限りません。
例えば、そのワード文書の中に自分のパソコンにしか入っていないフォントを使っていれば、渡された相手のパソコンでは、別のフォントに置き換えられたワード文書として閲覧されます。印刷すれば当然フォントが違ってきます。
フォントの大きさが違えば、当然レイアウトがずれることもあるでしょう。PDFでは通常フォントを一種の画像として記録してしまいますから(フォントの埋め込み、といいます)、そうしたトラブルが起きにくくなります。
印刷所などに入れる版下原稿としても、ワード文書よりPDFのほうがずっと安心です。

しかしAcrobatは高価だ

このようにAcrobatは大変便利で有用なソフトですが、実売価格が2万円台からと、かなり高価なソフトでもあります。
そこで、海外ではこのPDF形式ファイルを作れる無料のPDF変換ソフトがいくつも出ています。
海外ソフトなので、問題は日本語フォントを埋め込んだときにいかに安定して動作してくれるかということなのですが、その安定性という面で評価の高いのがこのCute PDF Writerです。
これだけでは動かず、GNU Ghostscript というものも一緒に必要になります。下記のダウンロード用URLには一緒にダウンロードリンクが用意してありますので、これも必ずダウンロードしてください。
CutePDFWriter
インストールすると、印刷コマンドのあるソフトならどんなソフトからでも、プリンタ設定画面に↑このようにプリンターの1つとして表示されるようになるので、選択して「印刷」すると、PDFファイルが作れます。


『デジカメ写真は撮ったまま使うな! ガバッと撮ってサクッと直す』(岩波アクティブ新書) 『デジカメ写真は撮ったまま使うな! ガバッと撮ってサクッと直す』(岩波アクティブ新書 940円+税 全ページカラー)  デジカメの肝は、大胆にガバッと撮影して、その写真をそのまま出力せず、必ず「補正して」使うこと。しかも、使いにくいデジカメのオマケソフトなどではなく、IrfanViewをはじめとした優秀なフリーソフトでサクッと加工・管理するのが肝。大胆で即効性の高い「ガバサク理論」でデジカメライフが変わる。オールカラーの実例写真を眺めているだけでも楽しい、1000円でおつりのくる待望の新書サイズデジカメガイド!
詳細情報はこちら  Amazonで購入はこちら



 このソフトのダウンロードはダウンロードサイトはこちらこちらから
 パソコン初心者・探求者のためのガイドブック『パソコンは買ったまま使うな!』『ワードを捨ててエディタを使おう』『テキストファイルとは何か?』のご案内はこちら

前へ前へ  タヌパックのCDご購入はこちら  パソコンは買ったまま使うな  ドメイン取得のことならイーネット  次へ次へ


index|takuki.com|文藝ネット|ドメイン取得|狛犬ネット|音楽|AICコラム|