たくき よしみつ の 鐸木能光のデジカメ・ガバサク談義 デジタルストレス王

メーカーは高画素数をさかんに宣伝するけれど……

画素数とはなんなのか?

みなさんがデジタルカメラを購入しようとするとき、広告、パンフレット、仕様表などで何をいちばん重視するでしょうか?
メーカーがまっ先に謳っているのは「画素数」です。500万画素、800万画素といった「画素数」が多ければ多いほど、解像度の高いきれいな写真が撮れる……一般にはそう思われています。
本当にそうなのかをよく考えてみましょう。

ディスプレイに表示する写真は「200万画素」でも大きすぎる

まず、今あなたは、この文章をパソコンのディスプレイ上で読んでいると思います。そのディスプレイの解像度はどのくらいでしょうか?
1024×768 あるいは 1280×1024 程度ではないかと思います。
一般的な液晶ディスプレイを例に取ると、14インチや15インチのディスプレイは1024×768、17インチや19インチのディスプレイは1280×1024に設定されています。
この1024×768という数字の単位は、ピクセル、またはドットです。要するに「点」のことです。
ディスプレイに表示される画像は、横が1024個の点、縦が768の点(画素)で構成されているわけです。
これがディスプレイの「解像度」であり、ディスプレイで見る画像は、この解像度以上の解像度では見ることができません。
これ以上の解像度を持つ画像の全体像をディスプレイで見ようとすれば、縮小して表示するしかありません。
この1024×768を画素数で示せば、単純にかけ算すればいいのですから、786432画素。約78万画素です。この解像度で撮影できるデジカメは「80万画素」と呼ばれていましたが、現在、そんな低解像度のデジカメは売っていませんね。どんなに小さなカメラでも200万画素はありますし、現行製品は最低ラインが500万画素の時代になりました。
800万画素クラスのカメラの解像度は、3264×2448程度です。ディスプレイの解像度が1024×768とすれば、横も縦も、3倍以上大きいわけですから、ディスプレイ上で等倍表示(100%表示)すれば下の図のような感じになります。
撮影した画像のほんの一部しか表示できません。
500万画素カメラで撮った画像をディスプレイで見ると……

画素数と解像度の関係

画素数解像度解像度の面積比較搭載機種例解説
200万画素1632×1224 
左側が1024×768のディスプレイ画面
U50
SONY DSC U50
200万画素は2000年当時の標準だった。メモ代わりやWEB用にはちょうどいい解像度。はこのカメラの撮像素子面積を現している。
300万画素2048×1536 
Canon IXY DIGITAL 30
2003年当時の標準。1/2.7型CCDとの組み合わせだった
500万画素2560×1920 
Lumix LC1
Panasonicの高級機LC1(2006年6月現在の実勢価格13万円前後)は、むしろ解像度を低く抑えている。500万画素は2006年現在の最低ラインになってしまったのか?
600万画素2816×2112 
Lumix DMC FZ7
この解像度を持つカメラの撮像素子がどのくらい大きいかに注意。上のLC1と比べると、解像度は高いのに、逆に撮像素子は小さいことが分かる
800万画素3264×2448 GX8
Ricoh Caplio GX8
1/1.8型CCDが多い
850万画素3456×2304 
EOS Kiss デジタルN
デジタル一眼は大体この解像度。コンパクト機の800万画素とは、解像度は近くても、撮像素子面積がまったく違うことに注意
1000万画素3888×2592 
SONY DSC-R1
R1はデジタル一眼以上の解像度を持っているが、撮像素子は逆にやや小さい

上の図にあるという図が、標準的なディスプレイ解像度である1024×768を現しています(1/20に縮小表示)。それに対して「○○万画素」と呼ばれるカメラがどのくらいの解像度の画像を記録するかを比較してみてください。
少なくとも、ディスプレイに表示する(WEBページに掲載するなど)写真であれば、200万画素でも十二分に間に合うことが理解できます。
また、ディスプレイに表示する目的の画像は、必ず大幅にリサイズ(解像度を落として小さく)する必要があることも理解できます。200万画素のカメラで撮った写真でさえ、そのままでは「解像度が高すぎて」WEBに掲載できません。
高解像度の画像をディスプレイに全体表示するには、縮小して表示しなければなりません。これは、コンピュータが元の画像から画素を間引いてリサイズしたものを見せているわけです。ディスプレイで見る画像は、拡大も縮小もせず、元画像の解像度のまま表示(100%表示)したときがいちばんきれいに見えます。また、ディスプレイの解像度は固定されていて変えられない、ということも理解してください。

結論 ガバサク流お勧めの3台はこれ!


SONY Cybershot DSC-RX100お勧め


Fuji X-S1お勧め

パナソニック LX7
Panasonic Lumix DMC-LX7 一推し!
1型CMOSとF1.8〜の明るいレンズをコンパクトなボディにうまく組み込み、目下、人気独走中
Amazonで調べる
一眼レフと変わらぬ大きさ・重さだが、これ1台で超マクロから24mm広角、624mm超望遠までなんでも撮れるスーパーガバサクモデル。
Amazonで調べる
いつも期待を裏切らない真面目で「までい」な設計のLXシリーズ最新モデル。レンズ一体型カメラで最も明るいレンズ(F1.4-2.3)の魅力は大きい。
Amazonで調べる

『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社講談社現代新書) 『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社現代新書 カラー版 税込987円)
  be連載の『デジカメのキモ』で扱った写真をすべてカラーで使い、「デジカメ界の間違った常識・思いこみ・誤解」に切り込む。楽しい写真を眺め、ぐいぐい読める読み物として楽しみながら、読了後にはデジカメ撮影の腕が劇的に上がっているという、一粒で三度おいしい本。
発売初日にたちまち重版決定!    Go!Go!(立ち読み版はこちら)

Amazonで購入はこちら    bk1で買うbk1で買う    クロネコブックサービスで買う    紀伊國屋WEBで買う



目次へガバサク談義トップへ    目次へ続きを読む

comに代わる新世代ドメイン .COドメイン   ★タヌパック音楽館は、こちら
★文藝ネットは、こちら
★狛犬ネットは、こちら
  takuki.comのHOMEへ
(takuki.com のHOMEへ)