日記 03/09/03の3

大地の芸術祭2003探訪 中里村編 2

温かいイメージのために─信濃川




ミオン中里の裏手を流れる信濃川に沿って、『温かいイメージのために─信濃川』(坂口寛敏)という連作庭園が続いている。順番に「星の広場」「地の広場」「水の広場」と続く。
ゆったりとした大きな作品で好感が持てた。
信濃川
信濃川3
上の3つは真ん中にある「地の広場」。石ブロックで造った小さなオブジェ(ところによって踏み台のようでもありベンチのようでもあり)が点在していてアクセントになっている。


水の広場
これが最後にある「水の広場」。晴れた夏の日には遊び場になるだろう。残念ながら、訪れたこの日は雨。

信濃川はかつて現在より25メートル高い位置を流れていた


付近の丘には『信濃川はかつて現在より25メートル高い位置を流れていた─天空に浮かぶ信濃川の軌跡』(磯辺行久)という作品がある。産廃処理場建設反対の横断幕かと思ってしまった。
近づくとこんな感じ。美しい作品とは言い難いですねえ。
信濃川は〜

『信濃川はかつて現在より25メートル高い位置を流れていた─天空に浮かぶ信濃川の軌跡』(磯辺行久)




……………………………………………………
…………………………………………

……え?
これも「冗談作品」で、トリックだろうって? 護岸工事かダム工事現場の足場を写しただけじゃないか……と。その証拠になんとかグループとかって建設業者名が見えているぞ、って……。
いえいえ、もう冗談はなしですってば。これ、ほんとに「作品」なんですってば。ほんとにほんと。

克雪人
これは中里村役場横にある「ユーモールショッピングセンター」駐車場に建つ『克雪人』(牛波、中国)という作品。コメントは……なしにしておこう。

次へ次の「アート」(十日町郊外編)へ


一つ前の日記へ一つ前の日記へ    HOME     次の日記へ次の日記へ

★掲示板、はこちら
★タヌパック音楽館は、こちら
★文藝ネットは、こちら
★狛犬談義掲示板、はこちら

ラブホテル検索ただ今の東京の気温→    これを読まずに死ねるか? 小説、電脳、その他もろもろ。鐸木能光の本の紹介・ご購入はこちら   全国ホテルネットワーク
イーネットリンクス イーネットリンクス イーネットリンクス

今日の放哉