日記 03/09/03の7

大地の芸術祭2003探訪 十日町郊外編 4

庄屋の家
十日町の市街へ戻る道の途中に『透けて見える眼』(長澤伸穂)という作品が展示されている民家がある。大きな家で、今は空き家になっているらしいが、庄屋クラスの人の家だったのだろう。
透けて見える眼
各部屋の中央に、こんなものが置かれているという趣向。
透けて見える眼





屋根裏にも
屋根裏にまで置いてある。
モデルは全員この地区の住民だそうだ。モデルになった人たちはできあがったこの作品を見てどう思ったのだろう。
「いんやだぁ。薄気味悪いこと」
「東京のげいじつかは、何考えてるかわからねえなあ」
なんて言い合っていたのかもしれない。

使われていない部屋があったので覗いてみた
あれ? どこかで見たような光景。
ああ、『変容の家』の中の作品と同じですね、これは。こっちは作品と銘打っていないけど。
寝室?




次へ次の「アート」(十日町郊外編5)へ


一つ前の日記へ一つ前の日記へ    HOME     次の日記へ次の日記へ

★掲示板、はこちら
★タヌパック音楽館は、こちら
★文藝ネットは、こちら
★狛犬談義掲示板、はこちら

ラブホテル検索ただ今の東京の気温→    これを読まずに死ねるか? 小説、電脳、その他もろもろ。鐸木能光の本の紹介・ご購入はこちら   全国ホテルネットワーク
イーネットリンクス イーネットリンクス イーネットリンクス

今日の放哉