日記 2004/01/01

越後の年越し初体験

到着直後の家。建てたばかりのかまぼこ型車庫がまばゆい! これ、車の値段の倍もしたのだ
今年は越後の家を買って初めて(十数年後にして初めて)年末年始をここで過ごそうと計画を決行。
豪雪地帯の山奥(集落の総戸数が20戸くらい。我が家はその中でも最奥)なので、簡単にはいかない。
冬の越後で暮らすには、
……
などなど、いくつもの課題があって、それをクリアしていくのに何年もかかったのだ。
冬の越後を体験するのはものすごく贅沢なことなのだった。

ところが、記念すべき最初の越後越年体験はしらけまくり。
関越道は渋滞も雪もなく、ノーマルタイヤのまま何事もなく通過。インターを降りても雨が降っているくらいで、雪がない。
家の前の坂道(しかも急カーブ連続)が難所なのだが、ここも、べつにFFでノーマルでも登れたかなあ……という程度の積雪。
家の周りはさすがに40cmほど積もっていたけれど、なんだか拍子抜け。
雪は柔らかく、スカスカ。ずぼっと膝まで沈むので、到着後最初にやらなければならなかったのは玄関までの雪かき作業。↓
まずは玄関までの雪かき

本当はこの作業を毎朝やらなければならないんだろうけれど、到着後、雨ばかりで雪は溶けるばかり。
到着直後はこんな風に↓寒そうな光景もあったのだけれど……。
軒下のつらら。定番ですね
翌日からは気温も高く、全然寒くない。ゴロも夏と同じ窓際の定位置でのんびり。↓
ゴロは昼間、ここにいる
天気予報でも、正月はずっと雨。これじゃあなんのためにスタッドレスタイヤを買っておいたのか分からない。
しかしまあ、天気はいつ急変するかもしれないので、タイヤは履き替えた。
ノーマルタイヤを
ノーマルタイヤを……

スタッドレスに履き替え
スタッドレスに履き替えた
町まで買い出しに行っても、なんだか新品のスタッドレスタイヤの山が無為に減るばかりで虚しい。
あんまり虚しいので、雪の残っている山道に入り込んで、雪の上での運転を実感することに。どの程度の積雪、雪の柔らかさで、どの程度の運転ができるのか知っておいたほうが「本番」が急に訪れても慌てないだろうから。
雪が柔らかいので、このくらいめり込む
タヌキは元気らしい。夕方、きゅう〜んと切ない声がした。
軒下に残り物を置いておくと、しっかり夜、やってきたようで、バージンスノー(というにはスカスカだったが)の上に真新しい足跡が残っていた。
タヌキの足跡
どうやらタヌキだけではなく、野ウサギもきているようだ。ちょんちょんパ、はウサギの足跡。
まだ野ウサギは見たことがない。
ホンドリスとテンは一度だけ見たことがあるのだが……。
ウサギの足跡
帰るまでに見られるといいなあ。
その前に、ちょっとは雪降れよ(……と、三村風ツッコミ)


一つ前の日記へ一つ前の日記へ    HOME     次の日記へ次の日記へ

★タヌパック音楽館は、こちら
★文藝ネットは、こちら
★掲示板は、こちら
★メーリングリストは、こちら

ただ今の東京の気温→    これを読まずに死ねるか? 小説、電脳、その他もろもろ。鐸木能光の本の紹介・ご購入はこちら  

今日の放哉