日記 2004/05/01

松代町再訪 5

フィヒテ(唐檜)

地中から出ている電源コンセント 林の中にあるこの作品は、なんでしょうね。ショーケースとベンチ、ランタンで形成されているのですが、意味不明。
この作品のためにわざわざ地中に電源ケーブルを敷設してあり、3か所からコンセントが出ていました。夜見るときれいなのかもしれませんが、普段、点灯しているとも思えず……。
パンフレットの解説によれば、これは「林の中の図書館」なのだとか。ショーケースだと思ったのは書棚なんですね。空っぽでしたが……。
ここで読書希望の人は役場に連絡すること……というんですが、なんか悪くてそんなわがままなリクエスト、できませんよねえ。特に、「夜、ここで読書したい」なんて言うのは……ねえ。
多分、「大地の芸術祭」開催期間中のみの趣向だったのでしょう。その後は、このように意味不明のオブジェとなって残っているだけ。
フィヒテ
フィヒテ(唐檜)
トビアス・レーベルガー(ドイツ)
その「図書館」のすぐそばに、「劇場」もあります↓。
マジック・シアター
3つの筒が互い違いに置かれ、連続して通り抜けられるという趣向。中が客席で外が「自然」という舞台……ということみたいですね。残念ながら鍵がかかっていて入れませんでした。
マジック・シアター マジック・シアター
WDスパイラルパートIII
マジック・シアター
ハーマン・マイヤー・ノイシュタット(ドイツ)




円一縁
円一縁
松田重仁
↑これは数か所に置かれている連作の1つ。


>>>>>> 次へ >>>>>

一つ前の日記へ一つ前の日記へ    HOME     次の日記へ次の日記へ

タヌパック音楽館は、こちら
タヌパックブックス
掲示板は、こちら

ただ今の東京の気温→    これを読まずに死ねるか? 小説、電脳、その他もろもろ。鐸木能光の本の紹介・ご購入はこちら  

今日の放哉