日記 2004/10/16

復活

復活ゴロ
ゴロが食べない原因はどうも毛玉以外にもあるようだ。歯ぎしりやよだれが目立ち始めたので、再びかかりつけの獣医さん(麻生獣医科医院 044-965-1150)のところへ。
「やっぱり歯じゃないかと思うんですよ」
「口腔鏡ではそれほど異常はないんですけどねぇ。でも、いちばん奥の臼歯は見えないですから、開いてみたら舌の奥に隠れていた臼歯が伸びていたという例はあります。問題をひとつひとつつぶしていかないと分かりませんから、やってみましょう」
問題は、高齢なので麻酔に耐えられるかどうか。ウサギは犬や猫のように口が開かないので、奥歯を削るだけでも全身麻酔をかけなければならない。この麻酔も、犬猫に比べるとかなりの高等技術だとか。
ゴロは今まで3、4回全身麻酔をかけられている。胃を開いて詰まっていたものを取り出した大手術のときが初めて。その後はやはり臼歯を削るために2、3回。その都度何事もなかったが、5歳半を超えたゴロがいつまで麻酔に耐えられるかは分からない。
しかし、やっぱりこのままではまずかろう、ということで、麻酔をかけて臼歯削りを決行。

結果、
「開いてよかったです。外から見えないいちばん奥の臼歯が伸びて、ほっぺたに突き刺さっていました」
とのこと。
それから1週間、今は毎日もりもり食べてぼろぼろウンコしている。
よかったよかった。
しかし、ウサギと話し合うのも大変。何か言えないのかね、まったく。
ゴロの奥歯処置前と処置後
↑ゴロの右奥歯。左が処置前。下から伸びた歯が頬に穴を空けていた。
右は削った後。赤くにじんでいるところが削った部分。
(撮影はもちろん獣医さん)


『デジカメ写真は撮ったまま使うな! ガバッと撮ってサクッと直す』(岩波アクティブ新書) 『デジカメ写真は撮ったまま使うな! ガバッと撮ってサクッと直す』(岩波アクティブ新書 940円+税 全ページカラー)  デジカメの肝は、大胆にガバッと撮影して、その写真をそのまま出力せず、必ず「補正して」使うこと。しかも、使いにくいデジカメのオマケソフトなどではなく、IrfanViewをはじめとした優秀なフリーソフトでサクッと加工・管理するのが肝。大胆で即効性の高い「ガバサク理論」でデジカメライフが変わる。オールカラーの実例写真を眺めているだけでも楽しい、1000円でおつりのくる待望の新書サイズデジカメガイド! 詳細情報はこちら

一つ前の日記へ一つ前の日記へ    HOME     次の日記へ次の日記へ

タヌパック音楽館は、こちら
タヌパックブックス

ただ今の東京の気温→    これを読まずに死ねるか? 小説、電脳、その他もろもろ。鐸木能光の本の紹介・ご購入はこちら  

今日の放哉